前へ
次へ

賃貸物件を内見するときに覚えておきたいポイント

初めて一人暮らしをするときは、快適に暮らせる賃貸物件を選ぶことが大切です。
近年はインターネットで手軽に物件探しができますが、お気に入りの物件を見つけたら早めに不動産会社に連絡して、内見の予約を入れましょう。
内見するときは、お部屋の設備をはじめとして、細かな箇所までしっかり確認しなければいけません。
気に入ったポイントに気を取られすぎてしまうと、他の細かな点に気付きにくくなってしまうので注意が必要です。
たとえば、広くて日当たりがよい点が気に入ったけれど、暮らしてみたら日当たりがよすぎて暑いこともあります。
時間帯を変えて内見するなど、ちょっとした工夫をすれば、このような失敗を防ぐことができるので頭に入れておきましょう。
また、内見の際は水回りの使い勝手だけではなく、においや汚れ、カビなども確認しておけば後から不満に感じることがなくなります。
さらに、換気扇を実際に回してみて、音が大きすぎないかどうかも確認すれば、暮らし始めてからストレスを感じることがありません。

今よりももっとおしゃれな見た目の家にしたい
外構工事で家の印象が大きく変化します

フローリング張り替えで選ばれる東京のリビング・テン

東京の不動産リフォームのプロ「Tリノベ」

不動産売買はEFP不動産

安くて使い勝手の良い貸し倉庫・工場は「ちょい借り倉庫」

Page Top